本文へ移動

社長挨拶

社長挨拶

代表取締役社長 黒崎昭男
 
私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆40年以上にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆安全への徹底追求

ごあいさつ

 弊社は、トラック輸送・宅配・倉庫事業を3本の柱として躍進する、総合物流企業です。「モノを届ける」「モノを動かす」という 物流の基本に社員一人ひとりが向き合い、愚直なまでにやり切る姿勢を大切に、40年にわたり事業を展開してきました。お蔭さまで、1976年の創業以来 、お客様の物流センターの設計から運営管理、事業所間の輸配送、食材の個人宅配の分野において、厚い信頼と高い評価をいただいております。
 これからも、正直で誠実な企業であることは変わりません。物流の世界では、昨今IT技術の高度化とともに技術革新が進み、大量物量の荷扱いと保管管理が効率的にできるようになりました。これにより、サービスレベルとコストパフォーマンスのバランスのとれた、業務品質の向上が競争の源泉になっています。 しかしながら、どれだけシステム化が進み省人化しても、トラック 輸送は乗務員が必要ですし、物流センターでの入荷・検収から仕分け、出庫までの作業においては現場担当者の役割は欠かせないものです。物流事業は現場の人間力が業務品質を左右すると言えるでしょう。
 ですから私は「 弊社の事業は人材ビジネス事業でもある」と考えています。社員の育成を最大の責任と考え、運輸マネジメン トや物流運営の教育研修制度の充実を図っています。業界全体を広い視野で捉え、時代の変化を先取りしながら、新しい物流を創造しご提案していく。そんな将来像を描きながら、社員の才 能を伸ばし、専門性と現場力にさらに磨きをかけているところです。
 また弊社では、2016年度から単年の事業計画だけでなく3年ごとの中期計画を策定しています。
重点施策は、①業務品質の向上、安全な職場作りなど事業基盤の強化 ②営業力の強化 ③ヤル気のある社員の人材開発 ④ムダ・ムリ・ムラを排した管理  ⑤安定した経営力、以上の5つです。これらを実現し、事業の安定成長と拡大に チャレンジし、物流のベストパートナーとしてのご期待に応えてまいります。 

経営理念・経営方針

経営理念
 
 「感動・感激」を
 
経営方針
1.安全を最優先とします。
  確実、迅速、丁寧な物流サービスをお届けして、揺ぎ無い信頼を築きます。
2.「日生流通なら任せて安心」「日生流通にしか任せられない」と言われる
  ベストパートナーを目指します。
3.更なる改革、改善にチャレンジし、永続的成長を目指します。
4.社会と環境の調和を目指し、環境保全に積極的に取り組みます。
5.人財育成び努め、従業員一人ひとりが明るく輝くことを応援します。
TOPへ戻る