私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求
 
 
 
今を考え、明日を創造する。
私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求

運輸倉庫業:トピックス

過労運転に関連した行政処分の基準を強化(国土交通省)
2018-07-01
重要
トラック・バス・タクシーなど自動車運送事業者に対して、過労運転関連の行政処分の基準が、さらに厳しくなります。
自動車運送事業の運転者は、全職業の労働者と比べて労働時間が2割近く長く過労死案件も多いため、政府の働き方改革の中でも運転者の長時間労働是正が課題となっています。
国土交通省は、運転者の労働環境改善のため、以下のような過労運転防止違反のある事業者への行政処分量定の引き上げを実施します。
1. 乗務時間の超過など過労運転防止違反に関係する車両停止処分の量定を引き上げる(貸切バスはすでに実施済み)
2.トラック運送事業者に対して使用停止車両の割合を最大で保有車両の5割まで引き上げる
3.トラック運送事業者の法令遵守徹底を図るため、適正化実施機関の評価などで問題のある事業者に対して重点的に監査を実施する
・適正化事業実施機関の巡回指導で法令未遵守事項が多く総合評価DEクラス
・新規参入後の総合評価が継続して悪い(改善指導を受けても改善しない)
・健康診断受診や社会保険加入等の基本事項が継続して不適切  
■施行日 1、2 に関しては 2018年7月1日、3 に関しては2018年10月1日