本文へ移動
私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求
 
 
 
今を考え、明日を創造する。
私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求

運輸倉庫業:トピックス

運転中の「ながらスマホ」厳罰化!(道交法改正・衆院本会議)
2019-05-29
チェック
2019年3月政府は道路交通法の一部改正案を第198回国会に提出、両院で審議の結果5月28日に衆院本会議で可決され改正案が成立しました。
今回の道路交通法改正の骨子は次の2点です。 
1.携帯電話使用等対策を図るための規定の整備 → ながらスマホ等への罰則強化
2.自動運転技術の実用化に対応した規定の整備  → 自動運転の定義等を明確化
携帯電話使用への罰則強化では、スマートフォンや携帯電話を手に持って通話するなどの違反行為が重大事故に結びついていることから対策を厳しくするものです。
たとえば、運転中にスマートフォンなどを使用していて交通事故などの危険に結びついた場合、現行の罰則は「3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金」ですが、これを「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」に引き上げます。なお、反則金の適用はなくなり、すべて刑事罰が適用されることになります。施行は、2019年12月予定です。
TOPへ戻る