本文へ移動
私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求
 
 
 
今を考え、明日を創造する。
私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求

運輸倉庫業:トピックス

働き方改革関連法改正後の労基法及び安衛法の解釈(厚生労働省)
2019-01-10
重要

2019年4月から施行される働き方改革関連法により、すべての企業で「働き方」が問われることになります。

しかし、法改正の有無にかかわらず、働き方改革への取り組みは待ったなしの課題であり、企業競争力を確保するためにはいち早い対策を図ることが必要です。そこで、厚生労働省が発表した働き方改革関連法案改正後の「労働基準法及び労働安全衛生法」の解釈を下記に提示しましたので、参照願います。

働き方改革の実現にあたって最も課題となるのが、長時間労働をどのように削減し業務効率を高めるか。経営者や管理職の意識改革や制度の見直しはもちろんのこと、社員の業務負荷を減らしながら生産性を向上させる最新のIT環境、システムの導入の検討などが求められます。

TOPへ戻る