運輸安全マネジメントシステム

運輸安全マネジメントシステム

 2006年10月1日に改正施行された貨物自動車運送事業法第15条及び第16条に基づき「安全管理規程」を作成、国土交通大臣に届出いたしました。この「安全管理規程」は国土交通省のガイドラインにより輸送の安全を確保するための全ての運行管理業務に適応しています。
 弊社は「安全は全てに優先する」を基本方針に経営トップから現場まで、全社一丸となり、運輸安全マネジメント体制の構築、輸送の安全確保に取り組んでまいります。

安全方針

☆輸送の安全確保を経営の根幹と位置付けて、全従業員に安全意識を徹底するとともに、目標を設定して輸送活動の継続的な向上を図ります。
☆輸送の安全マネジメントを確実に実施し、安全対策を不断に見直し、全従業員が一丸となって輸送の安全向上に努めます。
☆関係法令、安全管理規程を順守し、輸送の安全を確保します。
☆安全方針を文書化し、全従業員に教育・周知徹底するとともに関連会社に対して協力要請と指導を実施します。
☆輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、情報を共有し、積極的に公表します。
☆この安全方針は、社外に公表します。

運輸安全マネジメント実践活動

社内規定に基づく取組

日々の運行管理業務とともに、本社・事業所においては「日次」「週次」「月次」「四半期」「半期」「年次」で輸送の安全確保に向けた取り組みを実践しています。
・輸送安全委員会・事業所管理者会議・チーム会議・安全運転検討会・輸送所長会議・初任運転者講習・事故惹起運転者講習・安全運転講習・安全確認研修・安全運転指導員研修・安全運転指導員検定・事故防止乗務員研修などなど「安全は全てに優先する」の実践活動を継続しています。

安全確認研修(社外)

2015年度から、埼玉県トラック総合教育センターを終日貸切、選任運転者の安全運転基本行動の確認研修を年4回以上を目安に実施しています。普段の運転行動では経験することが出来ないシーンをセンター内コースで実践することで「安全」を再認識し、安全運転に繋げています。

安全運転講習(社内)

2010年度から、自動車メーカー様・計装機器メーカー様と協働し「エコドライブ」重点の選任運転者に対する実車実技教育を行っています。年6回(2ヶ月に1回)を目安に年間120名の受講を目標に継続中です。安全運転は、エコドライブになると確信しています。
私たちに課せられた環境対策への取組、並びに環境に配慮した運転を推進し、エコドライブの推進者としての必要性を理解する。

運転者基礎研修(社内)

毎月第一金・土曜日を「宅配運転者基礎研修」第一水曜日を「輸送運転者基礎研修」と定め、法令に基づき講習を行っています。座学+実技実車による講習です。この講習は、「輸送事業部+宅配事業部+安全管理センター」が三位一体となって「安全は全てに優先する」を実践するための研修です。
貨物自動車運送事業法などの法令に基づき、運転者が安全を確保するために、順守すべき基本的な事項を理解すると同時に、顧客ニーズに対応できる運転者としての資質を理解する。

事故発生者研修(社内・社外)

毎月第二土曜日を事故発生者研修と定め、「交通事故」以外の「商品事故」などの発生者も対象とした社内研修と、交通事故発生者については社外実車研修も是正確認として行っています。
貨物自動車運送事業法などの法令に基づき、運転者が安全を確保するために、順守すべき事項を確認すると同時に、運転者として事故による影響の重大性を理解し、要因と防止を研修します。

事故防止運転者研修(社外)

安全運転指導員育成とベテラン運転者の事故防止を目的に、年間計画を作成し輸送事業部・宅配事業部の運転者を埼玉県トラック総合教育センターに派遣教育しています。
内容は、交通事故の実例分析・危険予知トレーニング・スキッド走行・危険予測の必要性と危険回避・夜間走行など、運転者として事故による影響の重大性を学びます。

安全運転指導員研修(社外)

安全運転指導員育成を目的に、社外研修を積極的に行っています。
埼玉県トラック総合教育センター「安全運転指導員研修」を基礎とし、佐川急便様の「安全運転指導員研修」を2015年より毎年9名の育成計画を立て実行しています。中期計画に基づき2018年までに選任運転者10名当り1名の安全運転指導員を育成します。

安全運転コンクール(社内)

全選任運転者ゴールド免許を目指し、毎年7月1日~12月31日の184日間を「事故はイヤヨ=無事故無違反運動」を実施しています。対象は、輸送事業部・宅配事業部はもとより本社職員を含む全社員で取り組む運動です。
本社アクセスマップ
信頼の安全対策】
「安全第一」をモットーに、交通事故ゼロを目指しています。
【安心の商品管理・保管】
「安心」で「安全」な体制、誠意と真心を込めた作業が自慢です。
【迅速な輸配送体制】
情報システムで、全ての物流機能でお客様の満足度を満たします。
【ベストパートナーへ】
お客様の業務の効率化に寄与できる、サービスを心掛けています。
【自然環境保護へ】
環境マネジメントに積極的に取り組んでいます。
【地域との共存共栄】
地域貢献し、皆様に愛されるよう、ビジョンを持ち続けます。