社会活動

こども交通安全教室Ⅰ

「交通安全教室」は、上尾警察署・上尾市・桶川市・伊奈町の地区交通安全協会、地域のボランティアが中心となり、弊社が協力して開催した、小学校での体験型交通安全教室です。
自転車のルール・トラックの死角・トラックの巻き込み(内輪差)など実際にある危険の疑似体験を交えた教室を、地域や学校の特性に応じて開催することで、児童たちは、交通事故の身近な恐ろしさを体験し、自分自身で身を守る正しい自転車の乗り方等を学んでいただきました。
これからも、私たちは、交通事故のない安全な社会を目指してまいります。

交通安全教室実施小学校一覧

上尾市管轄(市立)
 大谷小学校・西小学校・平方東小学校・鴨川小学校・大石南小学校
 大石小学校・尾山台小学校・上尾東小学校・原市南小学校・瓦葺小学校
桶川市管轄(市立)
 朝日小学校・東小学校・日出谷小学校・西小学校・加納小学校
 川田谷小学校・桶川小学校
伊奈町管轄(町立)
 小針小学校・南小学校・小針北小学校・小室小学校

子ども交通安全教室Ⅱ

安全な道路の歩き方

「安全な道路の歩き方」(低学年対象・上尾警察署)
安全な歩行の仕方を中心にお話や実技指導を行ないます。実技指導を行なう場合は、写真等を使いその内容やルールを説明した後、実技指導に入ります。グランドや体育館に作った模擬道路道路で、学習したことを確かめながら、安全な歩行の方法を指導します。室内で「横断時の安全確認の方法」などにポイントをしぼった指導をすることもあります。

自転車の正しい乗り方

「自転車の正しい乗り方」(中学年対象・上尾警察署)
自転車を使って公道を走ることが多くなる学年です。自転車は軽車両であることを知り、守らなければならない規則があることをスライドやリーフレットを使ってお話しします。また、自転車の点検方法も指導します。実技指導では、グランドや体育館に作った模擬道路を使って「発進」「一時停止」といった気をつけなければいけない場面の指導を具体的に行います。

トラックの死角(前方)

「トラックの前方死角について」
 運転席が高いトラックでは直接目では見えない死角が多くあることをお話します。実際の写真等を使って説明しながら、前方の死角部分に擬似的にゴムひも等を張った状態のトラックを用いてお話をします。また、児童のみなさんに実際に協力してもらい、運転席からの見え方などを具体的に体験してもらいます。

トラックの死角(側方・左右)

「トラックの死角について」 
 大きなトラックには、前方と同じように、左側右側や後方にもたくさんの死角があることをお話します。実際の写真等で説明を行いながら、実車の死角部分に自転車や人形を置いてお話をします。児童のみなさんには、実際に死角部分に隠れてもらったりしながら体験をしてもらいます。

トラックに内輪差・外輪差

「トラックの内輪差と外輪差について」
 トラックが交差点等で曲がるときに発生する、前輪と後輪のタイヤが通る位置の「差=内輪差・外輪差」についてお話をします。実際の写真等で説明した後、グランド(校庭)等で実車を使用して「内輪差」を発生させて見てもらいます。また、児童に見立てた人形やタイヤを用いて実際にどのようになるかもお見せします。

交通法規について(道路交通法他)

「交通法規のお話」・・・自転車安全利用5則
1.自転車は、車道が原則、歩道は例外
2.車道は左側を通行
3.歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
4.安全ルールを守る
 ◎二人乗り、並進の禁止 ◎夜間はライト点灯
 ◎交差点での信号遵守と一時停止・安全確認
5.子どもはヘルメットを着用
本社アクセスマップ
信頼の安全対策】
「安全第一」をモットーに、交通事故ゼロを目指しています。
【安心の商品管理・保管】
「安心」で「安全」な体制、誠意と真心を込めた作業が自慢です。
【迅速な輸配送体制】
情報システムで、全ての物流機能でお客様の満足度を満たします。
【ベストパートナーへ】
お客様の業務の効率化に寄与できる、サービスを心掛けています。
【自然環境保護へ】
環境マネジメントに積極的に取り組んでいます。
【地域との共存共栄】
地域貢献し、皆様に愛されるよう、ビジョンを持ち続けます。