私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求
 
 
 
今を考え、明日を創造する。
私たちは、
「物流品質のトップを目指します」
 
◆ 4 0 年間にわたって蓄積した物流ノウハウ
◆ 顧客満足=社員満足でクオリティの高いサービス
◆ 安全への徹底追求

運輸倉庫業:トピックス

貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用の一部改定(国土交通省)
2018-04-01
重要NEW

〈2018年3月31日施行〉

1.改正の背景
自動車運送事業者が運転者の勤務時間等を定めるときの具体的基準は勤務時間等告示等とすることとされており、また、自動車運送事業者には乗務員の健康状態を健康診断により把握することとされているところ、当該運転者及び乗務員に、運転者や乗務員を兼ねる個人事業主や法人の業務を執行する役員等が含まれるか否かが不明確であった。
今般、自動車運送事業従事者の長時間労働や、運転者の疾病等に起因する事故が問題になっていることから、上記について明確化し、運転者の過労運転の防止や健康状態の把握が確実に行われるようにすることとする。

2.概要
(1)「貨物自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」の一部改正

① 事業者が運転者の勤務時間及び乗務時間を定めるときの具体的な基準は勤務時間等基準告示等とすることとされているところ、当該運転者には、運転者を兼ねている個人事業主及び法人の業務を執行する役員等が含まれること
を明記する。
② 事業者には乗務員の健康状態を健康診断により把握することとされているところ、当該乗務員には、乗務員を兼ねている個人事業主及び法人の業務を執行する役員等が含まれることを明記する。